トップ > 診療情報管理士について > 就職先は病院だけじゃない?

就職先は病院だけじゃない?

診療情報管理士の就職先のほとんどは、大学病院や総合病院などの規模が大きい病院です。

平成12年4月に診療情報管理体制をとっている病院に診療報酬点数が加算されることになってから、診療情報管理士を配置する病院が増えてきています。

さらに、電子カルテの導入個人情報保護法の施行が強まるなかで医療の管理体制などをきちんと整えるために、規模の小さい病院でも診療情報管理士を配置する傾向が見られるようになりました。

file5.gif病院以外の就職先ってある?

このように、病院から必要とされる診療情報管理士ですが、今はまだ求人もそれほど多いというわけではありません。

「現状とこれからの課題」でも紹介したように、診療報酬点数の加算される条件の最低人数である1人の診療情報管理士を配置し、その他はスタッフが兼任という病院は少なくありません。

ですが、診療情報管理士として勉強していたことを病院以外でも活かすことができます。

ya.gif病院の関係会社

データ入力やコーディング、診療情報の分析・統計などの業務を請け負っている医療の関係会社です。

ya.gif医療事務・医療秘書・医師事務作業補助者

診療情報管理士としての仕事内容とは異なりますが、応募要件として診療情報管理士の資格が必要とされる求人もあります。

ya.gif生命保険会社

生命保険会社では、統計をする際にICD-10(国際疾病分類 第10版)という、世界保健機関(WHO)が公表した、死因や疾病の国際的な統計基準を導入しているところが増えています。

ICDは診療情報管理士の主な仕事のひとつであるコーディング作業の基本で、資格取得の際のカリキュラムにも含まれています。


ya.gif医療関連のソフトウェア企業

医療情報のシステム開発や医療コンサルティング会社のマーケティング業務に、IT関連の知識や分析力、診療情報管理士としての医療に関する知識などが求められてきています。

 

 

診療情報管理士のことなら「リクルート進学ネット」
▲診療情報管理士を学べる学校一覧。資料請求は無料です▲

 

前の記事 | 次の記事

診療情報管理士について