当サイトについて

専門性が高く、医療現場で必要とされる診療情報管理士は今人気上昇中の資格です。当サイトでは診療情報管理士になりたい、興味があるという方のために、資格や試験について、学べる大学・専門学校など紹介しています。
診療情報管理士のことなら「リクルート進学ネット」
▲診療情報管理士を学べる学校一覧。資料請求は無料です▲

スポンサード リンク

file7.gif
診療情報管理士は医療業界に必要とされる資格

zyosei3.png

現在、個人情報保護の重要性や電子カルテの導入、カルテ開示の法制化などによって医療の現場では診療情報管理士の需要が高まっています。

診療情報管理士は医師や看護師が記入した診療記録(カルテや検査結果)を管理・分析し、診療情報のデータベースを作成、そのデータから必要な情報を分析して病気や治療方法の研究のために提供するなど、医療の安全管理や質の向上に関わる専門職業です。

また、医療の無駄を省いて医療行為に必要な費用を減らすために、診療情報管理士が適した医療行為を行っているのかのチェックをするなど、病院の経営管理も担っています。

さらに、診療情報管理士を配置することで病院に診療報酬点数が加算されるため、積極的に診療情報管理士を雇用する病院が増えてきています。

そんな診療情報管理士の活躍の場は、ほとんどが病院などの医療機関ですが診療情報管理士になるために身に付けた知識や技術を病院以外でも活かすことができます。

 

ya.gif
  病院以外での就職先

   ◎病院の関係会社
   ◎生命保険会社
   ◎医療関連のソフトウェア企業


上に挙げたような企業・会社への就職も可能になってきます。

file7.gif
診療情報管理士になるためには?

zyosei4.png
診療情報管理士は四病院団体協議会(社団法人日本病院会、社団法人全日本病院協会、社団法人日本医療法人協会、社団法人日本精神科病院協会)と財団法人医療研修推進財団が給付している民間資格になります。

診療情報管理士の資格を取得するためには社団法人日本病院会が認定している「診療情報管理士認定試験」を受験し、合格しなければなりません。

さらに、診療情報管理士の試験を受けるためには厳しい条件があります。

<診療情報管理士 認定試験の受験資格>
◎日本病院会が行う「診療情報管理通信教育」を受講した者
◎診療情報管理士受験指定校で所定のカリキュラムを修了した者



また通信教育を受講するためにも「2年制以上の短期大学または専門学校以上の学歴が必要」という決まりがあります。

このように診療情報管理士になるためには厳しい条件がありますが、それほど診療情報管理士の資格は簡単に取得できる資格ではないということが分かります。

≫診療情報管理士認定試験について

 

file7.gif
受験指定校では幅広い知識を習得できます

sutdy.jpg
診療情報管理士の試験を受けるために大学や専門学校に通う場合「3年以上」という決まりがあります。

そのため、専門学校などでは1、2年次は診療情報管理士以外の資格取得を目指すコースで学び、3年次に診療情報管理士の専攻科で学ぶという形になっている学校もあります。

医療事務系の学科と一つになっている場合だと、診療情報管理士以外にも「医療秘書検定」「医事コンピュータ技能検定」「メディカルクラーク」などの資格についても学べ、取得することも可能になってきます。

大学に通えば一般教養や語学の授業、ゼミなどが行われていたりするため診療情報管理士を目指すことで、診療情報管理士の知識以外に幅広い知識を身につけることができます。

file7.gif興味のある方へ。情報収集に便利な「リクルート進学ネット」

rikuru-to.top.jpg

進学応援サイトである「リクルート進学ネット」では、診療情報管理士についての情報や通いたい地域での専門学校・大学検索ができ一覧として表示されるため、学費などの比較をしながら情報検索することができます。

また資料・パンフレットは何個請求しても無料で取り寄せができます。中継サイトを経由しているので請求後のしつこい営業などもありません。

興味のある方は、いくつか手元に資料を取り寄せてみて情報収集。詳しい受験資格や合格率等をチェックし、まずは自分にやれそうか?判断すると良いでしょう。

≫診療情報管理士を学べる学校一覧